カルチャアの雑日記

街歩き都市論文学アニメお笑い音楽・などの・アウトプット・Twitterで言うとめんどくさくなっちゃうことを・ここで書き・なるべく・消さないように・頑張る

6/14日 姉の彼氏

姉の彼氏が家に来た。

 

遡ること一週間前。

日曜の夕飯に、父親作のパエリアとサラダが登場した。父親はたまにパエリアを作るが、その日は食べながら「水が多かったかな」とか「味どう?」とかやたら気にしていた。サラダに関しても、父と母でごまドレッシングとイタリアンドレッシングどちらが良いかで揉めている。

何をそんなに気にしているんだ、と思ったら、一週間後に遊びに来る姉の彼氏に振る舞う料理のリハーサルだったらしい。別に何出しても大丈夫だと思うのに、真面目に考えている姿が滑稽だった。

 

金曜の夜に姉が帰省し、いよいよ彼氏登場まであと2日となった。我々家族も既に写真では顔を見たことがあったので、この人が来るんか〜とドキドキしていた。家に来て何するの?と言ったら「人生ゲームだって」と母親に言われた。初対面の人と人生ゲームやるなんて緊張しちゃうな。

 

昨日は、近所に美味しいアイスクリーム屋さんがあると聞いてネットで調べ、祖母家に行った帰りに車で寄った。カップアイスを家族全員+彼氏分買った。

午後からは家の中もきれいに片付け、掃除をし、料理の下ごしらえをしていた。うちの人たちがもてなし好きというのもあるが、全体的に大袈裟である。21時からIPPONグランプリを見始めたら、父親が急に台所でスープを作り始めてうけた。

姉は今までに男運が全然なかったと(私は)思っているので、どんな人が来るんだかドキドキしていた。

 

12時過ぎに、彼は登場した。

写真で見たままの、気さくで明るい関西人だった。

最初は皆、猫をかぶって大人しくしていたが、そんなに緊張感もなく、普通に昼を食べられた。料理はパエリアにスペアリブにスープにサラダに煮物にピクルスにポテトサラダ。どれだけもてなすつもりなんだよ。

母親がかなり色んな質問をして会話を回している感じも見ていて面白かったし、こういう状況に慣れてなそうな、彼氏の話を聞いてここ1ヶ月くらいかなり動揺していた父親も、普通に話していて良い感じだった。

初対面の人と両親が話せる話題、出身地、仕事、家族構成、プロ野球、文化の違いか、なるほど。自分の時の参考にしよう(いつ?)

 

食べ終えてからは、姉の昔の写真やアルバムを私と姉と彼氏さんの3人で一緒に見た。写真に対して関西弁でツッコんでてめっちゃテンション上がった。人を地域で雑に括るのは失礼だが、私は関西人が大好きなので嬉しい。新喜劇を毎週見てたとか、サンテレビ阪神戦毎日やってるとか、文化がちゃんと染み付いてるところに感動した。ジャルジャルとか天竺鼠とかの話めっちゃ通じたのも嬉しかったし、野性爆弾のくっきーより本当にやばいのはロッシーと言っていてかなり信頼できた。

 

昨日買ったやたら美味しいアイスを食べ終え、皆で人生ゲームをやった。人生ゲームは大人数でやるとめちゃくちゃ楽しい。「しかえし(誰かから10万円もらえる)」のマスとかギャンブルゾーンとかやたら盛り上がって良かった。

 

帰りは横浜駅まで父親が送ると言っていたので、私も車に乗って四人でプチ・ドライブした。ランドマークタワーや大桟橋や中華街を車で一周まわり、なんか観光案内的なことをしつつ、駅で二人を下ろして帰った。去り際に彼氏さんに「就活頑張ってな!」と言われた。めちゃくちゃ良い人だった。

 

もしかしたら、この人と姉は結婚するかもしれない。すると、自分の人生に突然、年の離れたお兄さん的存在が現れることになる。そんなこと全く考えてもみなかった。

 

最近、自分のこの先の人生は、仕事とか結婚とか何となく予測できるだろうなと思っていた。そんな中、急に新しい家族ができる可能性が出てきた。それは気さくな関西人のお兄さんかもしれない。こんなワクワクイベントが、この先、仕事でも結婚でも、そうでない沢山のことでも発生すると思うと、めっちゃ楽しみだな!

すごく前向きな気持ちになった一日だった。

 

迷ったけど、明日からの一週間、第一志望を含む大事な選考が始まるので、一旦ブログの更新をストップしたいと思います。

多分また再開するわ。ブログ書くのものすごく楽しかったし。皆さん、いつも読んでくれてありがとう。書きながら考えたこととかを、また落ち着いたらブログに書こうと思うので、ぜひ待っていてください!

 

一旦、またね〜!!